hiroman's memo

健康になりたい、花粉症から解放されたい、キレイになりたい、妊活を始めたい方へ普段店頭で伝えてる事をちょこちょこ書いていきます

風邪をひいて薬屋の考えつく対応をしてみた

まずは14日の土曜日の昼過ぎ

寒気と節々の痛みを感じた為、葛根湯(コタロー)を2包を温服

 

夜の総会まで暖かくして過ごす

熱は平熱のままでした

この時喉に軽い痛みを感じた為、銀翹散(クラシエ)を2包を温服

 

総会から帰ったのが9時過ぎでした

熱は38.6度

葛根湯(JPS)をコップに移し、生姜を絞りお湯を加えたのと葛根湯(コタロー)とイブプロフェン200mgを飲んでそのまま就寝

 

漢方薬は甘草の量が6gを超えないように計算して飲みました

 

ロキソニンではなく、イブプロフェンなのは、医療用ロキソニンの添付文書には、関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛、手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎、急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)しかない為

 

日曜

寝てる時に汗をかいて2回程着替えて朝には体温が37.2度まで低下

頭痛と喉の痛みだけの為、銀翹散とイブプロフェン200mgを飲み、朝ご飯を食べると目眩がしたので、苓桂朮甘湯(ツムラ)を飲みベッドイン

 

昼はご飯が食べれずに、銀翹散とイブプロフェン200mgを飲み、OS-1で水分補給

栄養補給は、キョーレオピンを飲む

 

夕方にまた銀翹散と糖分補給のハチミツを舐める

ハチミツを舐めると喉の痛みがちょっと和らいだ

 

夜は銀翹散とイブプロフェン200mgと嫁に買ってきて貰ったトラフル錠を飲み、食欲が出たのでおじやを作って貰い完食

 

大事をとって風呂に入らず、体をタオルで拭いて就寝

 

月曜

仕事を休んで、朝からおじや

薬は、銀翹散からトラフル錠に、イブプロフェンを総合の風邪薬に変えてみる

 

内臓が動いてないのか、食べると気持ちが悪いので風呂に入る

 

なるべく体を動かしながら、暖かくして過ごす

 

今の症状に合う薬を手持ちの薬と照合してみる

荊芥連翹湯(ツムラ)を思いつきで飲んでみる

苦くてえずく

もう飲むのは辞めた

 

この日は昼、夜、寝る前とトラフル錠と総合風邪薬を試す

 

火曜

あまり体調に変化なし

トラフル錠とイブプロフェン200mgを1日3回にしてみる

会社で小柴胡湯加桔梗石膏(ツムラ)を注文(水曜の朝来る)

 

その他の症状としては、鼻づまり(アレルギー性鼻炎)

鼻水は薄い色で粘り気がある

喉が真っ赤(元々扁桃腺炎がある)

 

こんな時にいいのは何の薬でしょうか?

私の考えは合っているのだろうか?

 

自分の症状を分析しながら薬を選んで行くのは楽しいが、早く治したい