hiroman's memo

健康になりたい、花粉症から解放されたい、キレイになりたい、妊活を始めたい方へ普段店頭で伝えてる事をちょこちょこ書いていきます

秋も花粉症はありますよ‼︎

こんにちは^_^

 

台風の被害は大丈夫でしたか?

 

被害のあった地域もありましたが、

私は過去に台風の被害が大きかった友達の家の台風対策で、電化製品を高い所に移動させて、過ぎ去ってから元に戻しに行きました^_^

 

そしてこれから本格的な秋が来そうですが、秋も花粉症に要注意ですよ‼︎

 

秋の花粉症はそこら辺に生えてる草や田んぼの稲などでなります

 

春の花粉症と同様にマスクやメガネ等で対策をして下さいね^_^

 

お薬はアレルギー用のお薬を飲んで下さいね

 

花粉症か風邪か分からない方は薬屋さんに相談してみて下さい^_^

いくつか質問に答えて頂くとすぐに分かります

 

もし、花粉症などのアレルギーから解放されたい‼︎

という方は是非ともご相談下さいね^_^

食中毒・嘔吐下痢・食あたりになったら

こんにちは(^^)

 

ここ数日明け方に寒くて、お腹を壊してます^^;

 

そろそろ掛け布団がいりそうです^^;

 

ただお昼はまだまだ暑いので気をつけて下さいね(^^)

 

先日、食中毒の予防法を書きました

 

今回はなってしまったらどうするかです

 

まず、食中毒・嘔吐下痢・食あたりになったら普通は病院に行きます

 

が、私は漢方薬を飲みます

 

病院に行くよりも漢方薬を飲んだ方が良かったと経験者は語る位です

 

もし食中毒等になったら、病院に行ってこの漢方薬を処方してもらおう

と思った方がいるはずです

 

この薬は薬屋でしか買えない薬です

 

漢方薬には、薬屋でしか買えない薬がいくつか存在します

 

話がズレましたが、漢方薬が何なのか気になりますよね?

 

藿香正気散という薬です

 

どんなにいい薬かは、ここには書ききれないのでwebへ!(古っ!)

と言いたいですが、もうwebなのでメールで聞いて下さいね(^^)

 

海外に行く方は藿香正気散を持って行くといいかもしれません(^^)

 

 

イボや肌荒れでお困りの方

こんにちは(^^)

 

約2年前にイボでご相談に来られた方がいらっしゃいました

 

その方はイボが気になり病院に行かれたそうですが、顔の目に近い所のイボの為に手術でとる事が出来ないと言われ、当店にご相談に来られました

 

その時に、ヨクイニンをオススメしました

 

毎日休まずに続けてもらうと、徐々に変化してきたそうです

 

体にあった小さなイボは消え、大きなイボも小さくなり出したとの事でした

 

本日、その方が来店されて顔にあったイボが小さくなった事で手術でとり去る事が出来たという嬉しい報告に来て下さいました(^^)

 

嬉しい報告はこちらも嬉しくなりますね(^^)

 

因みにヨクイニンを買われる場合は、成分を油抽出の物がオススメですよ

買われる時は登録販売者または、薬剤師にお尋ね下さい

 

最近は、汗疹、アトピーの方からも嬉しい報告を頂いてます

 

またの機会に紹介させて貰いますね(^^)

食中毒対策してますか?

おはようございます(^^)

 

食中毒のニュースが世間を賑わせてますが、100%防ぐ方法はありません

 

でも対策をキチンとすれば100%に近づける事が出来ます

 

対策も外からと中からの2種類あるので両方するのがオススメです

 

外からの対策は、基本的には手洗い・うがいと除菌です

 

手洗い・うがいは過去にも書いてますのでそちらを参考にして下さい(^^)

 

除菌は、触れる所全てと調理器具にして下さい

 

ドアノブ等の手で触れる所の除菌のオススメは、スプレータイプの物です

 

私が使ってるのは、弱酸性次亜塩素酸水のスプレーです

スプレー後に水になるタイプなので安心して使えます

 

除菌もして、消臭効果もあるのでかなり愛用してます

 

調理器具には薄めたハイターに浸けています

 

まな板は浸ける事が出来ないので、調理器具を浸けたタライの上に置いて、その上にハイターの液に浸したふきんをかけて約1時間位おいておきます

 

ハイターを薄めた液は必ずビニール手袋等をして、素手で触れないようにして下さい

 

もし、肌についた場合はすぐに流水で洗い流して下さい

 

次に中からの対策ですが、腸内環境を整えて下さい

 

 体内に入った大腸菌を腸の中で発酵させにくくする為です

 

体内にも大腸菌がいて体を守ってくれているんですが、もっと体内の菌を増やす等して、O-157等の菌を発酵させないようにすれば、軽度で済んだり、症状がでないようになると思います

 

そして腸内環境を整える事で、肌荒れの改善、風邪やインフルエンザになりにくい、花粉症の改善の事例があります

 

方法としては、発酵食品を毎日食べる事が1番です

 

発酵食品を毎日食べる=ヨーグルトや納豆を食べるのですが、嫌な事を続けても続かないし、ストレスになるだけなので、美味しいと思って続けれる物がオススメです

 

私はヨーグルトが苦手なのですが、イチゴ味のヨーグルトや、バニラヨーグルトなら美味しく食べれたのでイチゴ味のヨーグルトを5年位続けてます

 

どうしてもダメな方は、医薬品の整腸剤等を薬店でご相談下さい

 

私のオススメは、乳酸菌と納豆菌の入った整腸剤です

 

そして毎日続ける意味は、何億という乳酸菌をとっても大腸に届く頃には数えれる程しかありません

 

腸に届いてもあっという間に減っていきます

 

毎日乳酸菌を摂取する事で、一つづつでも増やしていく事が必要なのです

 

朝食べ忘れたら、夜に食べる

 

食べない日があると育てた菌がゼロになる事もあるかもしれません

 

簡単に出来る方法だと思いますので、是非お試し下さいね(^^)

お盆休みに気をつけたい事

こんにちは(^^)

 

かなりお久しぶりの更新です^^;

 

もうすぐお盆休みがやって来ます

 

楽しいお盆休みを何事もなく過ごす予防法を教えちゃいます(^^)

 

まず、お盆休みの最初と最後に多いのが膀胱炎です

 

車で帰省中に高速道路で大渋滞

よくニュースになってますよね⁉︎

 

トイレに行きたくなった時にはSAやPAは遠く、車はノロノロ

 

我慢してたら…膀胱炎になってましたって事が結構あります

 

トイレは早めに行って下さいね!

 

もし、膀胱炎になってしまったら

病院に行かなくても、漢方薬で治ります

 

お近くの薬屋さんにご相談下さいね

オススメは大型店より、昔からあるお店の方がオススメです(^^)

 

次に、虫刺されです

 

御墓参りに行ったら刺されてしまったり、気がついたら痛い、かゆい

 

こんな事にならない様に虫除けは必ずして下さいね(^^)

 

蜂に刺されたら、流水で洗いながら刺された箇所を絞って毒を出して下さい

 

毛虫ならガムテープで毛を取って下さい

 

アブに刺されたら、流水で洗いながら止血して下さい

 

これが最初にする事です

 

その後、冷やして下さい

 

薬はステロイド剤等になりますが、使う人の年齢や妊娠の有無によって使えない場合もあるので、登録販売者または薬剤師にご相談下さい(^^)

 

続いて日焼け

 

もう日焼け止めを塗って下さいとしか言えません

 

もし日焼けをして赤くなったら、冷やすと保湿をしっかりして下さい

 

私は、ハンドクリームを塗ったり、医療用の保湿ローションを常に冷やしてるのでそれを塗ってます

 

キチンと対応すれば皮がむけずに終わりますよ(^^)

 

続いてクラゲ

 

お盆を過ぎたら要注意ですよ!

そして対応を間違えると大変な事になります!

 

まず刺されたら速やかに海から上がって下さい

 

クラゲの触手は絶対に素手で触ってはいけません‼︎

手袋等をしてピンセット等を使ってとって下さい

 

洗う時は必ず海水で‼︎

 

水道水で洗うと浸透圧の関係で毒は外に出ません!

 

しっかり洗ったら冷やして下さい

 

薬は虫刺されの時と同じです

 

刺されたクラゲによっては毒性の強いのもいるので、涼しい所でゆっくりして下さい

 

し症状が酷くなったり、苦しくなったりしたら救急車を呼んで下さいね

 

最後は熱中症です

 

喉が渇いてなくても水分補給、しっかり休憩する!

 

これを心がけて貰うしかありません

 

因みにビールは水分補給には入りません‼︎

 

ちょっとした事ですが、夏野菜の中には体を冷やしてくれる物がありますし、麦茶は体を冷やしてくれます

 

食べ物や飲み物も予防に使えますよ(^^)

 

後、汗をかいたら梅干しを食べるといいですよ(^^)

 

因みに麦わら帽子も熱中症対策に有効です(^^)

 

他には食べ過ぎ、飲み過ぎがありますが自分で気をつけて貰うしかありません‼︎

 

 

楽しいお盆休みにして下さいね( ´ ▽ ` )ノ

汗疹の方が増えてますよ

こんばんは

 

最近、暑すぎますよね

 

熱中症対策はしてましたが、汗疹対策をしてなかったら喉に汗疹が出来てしまいました(^^;

 

お客様にも汗疹の相談をよく受けてたんですけどね(^^;

 

 

汗疹の対策で一番重要なのは清潔にすること

 

汗をかいた後にシャワーを浴びるのが一番ですが、シャワーを浴びれない場合はタオルでふくだけではなく、濡れたタオル(冷たいより熱い方が良い)で拭いてください

 

その後に、ベビーパウダーをするのがいいですよ

 

薬を使う場合は、登録販売者または薬剤師に相談して下さいね

 

ステロイドの薬もいいですが、汗疹の薬というのもあります

 

私のオススメは生後3ヵ月の赤ちゃんから安心して使える「ヒフカA」です

 

塗った後に乾燥するとサラサラになるのでオススメです

 

汗疹がひどくなると化膿したりすることも…

 

ほおっておくととびひになることも…

 

化膿したら病院に行ってくださいね

 

汗疹の話をしていたら友達は小さい頃から汗疹になった事がないと言われたので色々聞いてみたら、

海に入れば汗疹にならないと親に言われて毎日海に通っていたお陰で汗疹になったことはないらしいです(^-^)

 

海水がいいからと言って、塩水を作って塗ったり塩を直接塗り付けては絶対にダメですよ!!

 

猛暑が続きますが、一緒に元気に乗り切りましょうね(^O^)/

夏バテ対策は肝臓にあり⁉︎

こんにちは(^^)

 

あっついですねぇ(>_<)

 

暑いとあっさりした物しか食べたくなかったり、冷たい物を飲んだり食べたり…

 

実はその食生活が夏バテの原因の一つかもしれませんよ‼︎

 

 

暑くて汗をかく→熱の発散の為に皮膚の血液量が増え、内臓の血液量が減少→よって肝臓の血液量も減り肝機能が低下します

 

じゃあ水分をとれば大丈夫と思われますが、

水分をいっぱい飲むと胃液が薄まります→胃液が薄いので消化不良ぎみであまり食事が進まない→食欲がないので、あっさりした物を少しだけにする→栄養不足になり肝機能が低下します

 

冷たい物のとりすぎは内臓を冷やすので、内臓の働きをよけいに悪くしてしまいます

 

大切な肝臓を労わるのに私のオススメは、ヘパリーゼプラスⅡです

f:id:hiroman55:20170713164140j:image

ヘパリーゼと聞いたら、お酒を飲む時の薬

と思う方も多いと思いますが、ヘパリーゼは肝臓の薬なのでお酒を飲む時にもいいのです

 

毎日続ける為の錠剤タイプです

 

是非お試し下さいね

 

普段から出来る夏バテ予防法も紹介します

 

夏バテしない為には、冷房を上手く使い、しっかり食事をし、しっかり寝る  です

 

冷房は、冷やし過ぎると外気温との差が夏バテの原因になります

冷やし過ぎないようにして下さいね

 

食事は、あっさりした物だけでなく肉や魚などのタンパク質や野菜もとって下さいね

季節の野菜は、その時期に必要な栄養を取れるのでかなりオススメです

香辛料は食欲を刺激してくれるので上手に使って下さいね

 

水分はのどが乾いてなくても1時間にコップ1〜2杯の水分をとって下さいね

 

もっと詳しく知りたい方は、是非お問合わせ下さいね(^^)